2006/03/21 Tue

世界一!!!

王ジャパン、強豪キューバを倒して見事WBC初代王者に!!!

とにかく色々ありましたが、結果が全てのこの世界!!
プレッシャーに負ける事無く、各選手が持ち味を存分に出し切った!!
日本のプロ野球集団の意地が、優勝出来た最大の要因であろう!!!

王ジャパン、マンセー!!!
世界一、おめでとう〜!!!
バンザーイ!! ★\( ̄▽ ̄ )/クル\(   )/クル\(  ̄▽ ̄)/★バンザーイ!!


ヤッター!!世界一だー!!!
posted by hiro at 21:46 | 🌁 | Comment(6) | TrackBack(1) | プロ野球
この記事へのコメント
書き込み有難うございました。

幼き頃より大の野球好きで、「日本のチームは最高!」と思いつつも、心の何処かで「でも、メジャーのチームに勝って世界一になるなんて、夢の又夢。」という思いを確実に持っていました。その夢がまさか現実になるとは・・・。

日本チームの面々には、心より感謝したいです。

で、WBCが終わりふと現実に戻ると、あの素晴らしいチームの中に我がジャイアンツの選手は上原投手1人。他の素晴らしい選手達を敵に回して、これから公式戦に突入かと思うと、非常に不安を覚えます(笑)。
Posted by giants-55 at 2006/03/22 Wed 03:13
giants-55さん、コメント及びTB有難うございます。m(__)m
ホント、世界一になるとは思っていなかったです。
それだけに喜びは大きいです♪

今回のWBCを観て、かなりの日本のプロ選手が『メジャーでプレーをしたい!!』と思ったのでは?
Posted by hiro@管理人 at 2006/03/23 Thu 22:43
書き込み有難うございました。

WBCの結果を受けて、日本のプロ野球選手が考える方向って大きく2つに分かれて行くのではないかと思っています。1つは従来の様に、メジャーで力を試したいという選手。そしてもう1つは、日本のプロ野球が世界一を達成したのだから、敢えてメジャーに行かずとも、日本で切磋琢磨して行き、世界的な大会(WBCやアジア大会、そして北京オリンピック等。)で世界と闘えば良いではないかという選手。

どちらが良い悪いというのは無く、選手個々の考え方の違いという事になりますが、個人的には日本に残って目一杯日本プロ野球を盛り上げて欲しいなという気持ちがやはり心の何処かに在ります。

P.S. 今年の順位予想をしてみました。hiro様には大変申し訳無いのですが、ドラゴンズの順位はかなり下のものとなってしまいました。済みません(^o^;;;。
Posted by giants-55 at 2006/03/24 Fri 02:50
>敢えてメジャーに行かずとも、日本で切磋琢磨して行き、世界的な大会(WBCやアジア大会、そして北京オリンピック等。)で世界と闘えば良いではないかという選手。
当然、2つに分かれるでしょうね。
でも、上原・松坂両投手は本場メジャーの球場で世界の強豪と戦った故益々行きたくなったのでは・・・

今年のセ・リーグはワカリマセンよ!!
各チーム、補強やレベルアップしていますしね。
ドラ最下位なんて事もあるかも・・・
Posted by hiro@管理人 at 2006/03/25 Sat 19:22
書き込み有難うございました。

世界一になった影響で、パ・リーグの開幕試合は観客数が伸びるだろうなあとは思っておりましたが、昨年よりも(3球場で)約2万5千人も増えたのだとか。幸先良いですね^^。

松坂&上原両投手に関しては、メジャーに行きたいという気持ちは強くなった様に思います。特に上原投手の昨年オフからのコメントには、「(ジャイアンツへの)最後の御奉公」的なものが目立つ気がします。大好きな選手なので、日本でずっとプレーを続けて欲しいのですが・・・。

ドラゴンズの最下位は200%無いと思います。抑え投手がしっかりしているのは強いですよ^^。
Posted by giants-55 at 2006/03/26 Sun 01:55
来週ですね!!
セ・リーグの開幕試合はどんな展開になるのか!?
楽しみデス♪
Posted by hiro@管理人 at 2006/03/26 Sun 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本チームが世界一達成!
Excerpt: 2次リーグの韓国戦で負けを喫し、「もうこれで終わりか・・・。」と一度は地獄を見た日本チーム。しかし、投手陣が踏ん張って多くの得点を与えなかった事で、まさかの準決勝に進出。3度目の韓国戦でも6回終了時迄..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2006/03/22 Wed 03:14